2009年05月07日

virtualboxでWindows7を試してみた

Windows7 RC版がアメリカMicrosoftでダウンロード可能になった、と昨日書きましたが、日本のMicrosoftでも今日からダウンロード可能になりました。

私のWindows環境では、Windows7を動かすのは無理なのでテストできないと書いたのですが、ひとつ大事なことを忘れていました。
それは、仮想。
なので、Macでも無料で使える仮想ソフト「VirtualBox
VirtualBoxを使ってのWindows7のインストールに関しては、こちらを参照させて頂きました。

ishot-7.jpg続きを読む
タグ:Windows7
posted by akika at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows7 RC版が一般公開

Windows8に既に着手しているMicrosoftですが、ユーザーとしてはまだまだWindows7のリリース待ち状態です。
CNET Japanによると、そのWindows7 RC版がアメリカで5月4日にリリースされたそうです。
気になる日本版は5月7日リリースとか。
ですが、米国サイトで日本語版もダウンロード可能だそうです。

Windows7 PC版 ダウンロード

気になるダウンロード等に関しては下記。続きを読む
タグ:Windows
posted by akika at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

Microsoft、Windows7ベータをリリース

米国時間1月7日夜、Microsoftの最高経営責任者であるSteve Ballmer氏が、2009 Consumer Electronic ShowでWindows7のパブリックベータ版をリリースしたそうです。
9日には一般ユーザー向けにもスタートする予定だということです。
発売は2009年末から2010年始めになるとこのこと。

さて、問題の機能の方ですが、「機能面では完全な出来上がり」と言う事で、Vistaと比較してセキュリティ面で向上したということです。
ハード面ではVista機以上のものは求められないということで、Vista機であれば問題なく動くとし、ソフト面でもVista対応のアプリケーションであれば、ほとんどがWindows 7と互換性があるということです。

重さも解消し、Vista機であれば問題ないということですが、XPからアップデートするには、やはりハード面では買換えになるんでしょうね。

今後、一般ユーザーが使った上での評価が気になりますね。
posted by akika at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

Windows7

Windowsファンには待たれているであろう、Windows7ですが、2009年末のホリデーシーズン発売に前倒しになるかもしれない、という噂が出ていますね。
2009年末とすると、Vista発売から約3年ということになりますが、その間にどれだけVistaが浸透したかというと、Microsoftにとっては大きな汚点とも言える低浸透率。
Windows離れもかなり起きたと思います。
なので、Windows7は起死回生をかけたとも言えると思いますが、そのWindows7は一見したところ、Vistaとの違いはほんのわずかで違いに気づかない人もいるとか。
しかし、一番大切なのは外観ではなく、使いやすさ&軽さですが、タスクバーは使いやすくなっているということですが、肝心の重さはどうなんでしょうか。
企業では、Windows7が出るまでWindows XPのままというところが多いようですが、待っても意味がなかったという出来にだけはならないといいですね。
知人が、Vistaなのですが、やはり重い。
メモリー食いが半端じゃない。
Windows7では、その辺を改善して欲しいですね。

と言いつつ、個人的にはWindowsに戻ることは、まずないと思います。
Macに慣れた今、Windowsを使うと、なんて前時代的なんだろう、と思うことしばしば。
何かトラブルが起きた時、強くそれを感じます。
なので、WindowsがMac以上にシンプルかつわかりやすく使いやすくなるまで、Windowsには戻らないでしょう(苦笑)
posted by akika at 18:28| Comment(4) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

ノートパソコンその後

先日書いた、ノートのWindowsでIEが起動しなくなった件ですが、システムの復元をしてしまっていた為、Firefoxがなくなっていました。
なので、今度は最近の復元ポイントで復元。
…が、Firefoxアイコンが出たのはいいけれど、Firefoxまで起動しない。
IEも起動せず、Firefoxまで起動しないとしたら、また古いCDからFirefoxなり他のブラウザをインストールしてから、Microsoft Baseline Security Analyzerをダウンロードすることになる。
これって、めちゃくちゃ面倒。
しかも、IE必要かわからないし。
いっそ、OS再インストの方が早い?
それならやっぱりLinuxか。
どちらにしても面倒くさい。

しかし、Windowsの復元ってあまり意味ないというか、ちゃちいですよね。
Windows使ってる時から思ってたけど、MacがLeopardをリリースしてから、特にそう思うようになりました。
自動でバックアップできて、確実にその時に戻せる。
それがどれだけ便利でありがたいことか。
Windowsだと、バッグアップ自体面倒だもんね。
それとも、Vistaではもう少し良くなっているんだろうか?

posted by akika at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

Windows7とSnow Leopard

マイクロソフトが、次期OSであるWindows7の発売予定日を以前から言われていた通り、Windows Vista発売の3年後とし、2010年1月予定と発表しました。

以前にも書いた通り、Windows7は全く新しく変わるわけではなく、Windows Vistaが元になっているということで、Windows Vista利用者が戸惑うことはない、とマイクロソフトは言っていますが、つまりそれって軽量化されるわけでも、ないわけで、今月30日に発売を終えるWindows XPユーザーはどうなるの?という感じで、XPユーザーに対しての配慮が感じられないのですが。

それに対し、Appleの次期OS、Snow Leopardは現行のLeopardの軽量・安定化と真逆を行く事になります。

ふたつの会社が真逆の動きをするのは面白いですね。
posted by akika at 17:21| Comment(4) | TrackBack(1) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

Windows XPの延命はどうなる?

ComputerWorldによると、Neowin.netが、Windows XPの販売延長を求める顧客からの電話をMicrosoftが集計していると報じたために、Microsoftのサポート・ラインの電話が通じなくなったそうです。

Microsoftは、大手PCベンダーおよび小売企業に対するWindows XPの提供を、6月30日をもって終了すると発表していて、ライセンスや製品自体をMicrosoftに追加注文することはできなくなってしまう。

Windows XPの延命について、MicrosoftのCEO、スティーブ・バルマー氏は2008年4月、ユーザーからの要請が多ければ、OEMおよび小売企業へのWindows XPの販売期限を見直すかもしれないと話していたが、その後にはMicrosoftの広報担当者がWindows XPの販売期限を延長つもりはないと発表していて、はっきりしていない。

Windows XPの延命を求める運動は、Computerworld米国版の姉妹サイトであるInfoWorldが組織した「Save XP」も含め、Webサイト上に複数存在し、6月4日の時点ですでに20万人がWindows XPの延命に署名しているそうです。
posted by akika at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

Windows7はVistaベース

Windowsの次期OS、Windows7ですが、「Windows 7向けに新しいカーネルを開発している」という噂を否定し、Windows7ではカーネルはそのままで、Windows Vistaをベースに作っているということで、発売に関しても、Vistaの3年後と言いました。

Windows7をVistaベースにしたのは、Vista対応アプリの互換性の為としていますが、Vistaベースのため、ハード面でのスペックは大きいままになります。

個人的に見て、Windows Vistaは失敗したと言えるものですが、次期OSもそれを引きずって行くとなると、Windowsはもっと厳しくなるのではないでしょうか。
確かに、アプリ互換性というのはいいと思いますが、Vista失敗と同じ鉄を踏むことは避けた方がいいのではないかと。
こうなって来ると、次期OSで巻き返し、というのは難しそうですね。

ITmedia
posted by akika at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

あまりにもお粗末なWindows XP SP3

再起動エラーが相次いでいる、Windows XP SP3ですが、IT PROCNET Japanによると、元Microsoftの従業員、ジェスパー・ジョハンソン氏のブログにて、AMDプロセッサのHewlett-Packard搭載マシンにて不具合が起きていて、Intelプロセッサでは問題が起きていないと書いているという。

これについて、同氏は、「AMDもIntelも同じシステムであるintelppm.sysドライバがインストールされ動作していて、AMDベースのコンピュータでは、amdk8.sysが同じ機能を提供するので、MicrosoftはKnowledge Baseの記事の中で、同一コンピュータに両方のドライバをインストールするのはサポート対象外の構成であり、そのイメージを採用したOEMに責任があると指摘している」と書いているようです。

数日中には新たなパッチがリリースされるようですが、Microsoftは、OSのみを提供し、ハードに関しては自社で作っていません。
必要最小限のハードであれば動かなければいけないわけです。
その中で、CPUの違いによってこのような不具合が起きるのはどうかと思うのですが。
OSのみを提供するのであれば、どんなハード回りでも動くように作らないといけないと思うんですよ。
もし、ハード面を指定するなら、Appleのようにハードも自社で作るのが当然ではないでしょうか?

Windows搭載マシンに、AMDプロセッサは多く使われています。
今までなんの問題もなく動いていたのが、SPをインストールしたらエラーが起きるなんて考えないでしょう。
MicrosoftはAMDにサポート対象外のイメージを採用したOEMに問題がある、と言っていますが、確かにMicrosoft側のイメージを採用しなかったAMDに手落ちはあると思いますが、イメージを指定するというのはどうなんでしょうか?

今回のことで一番迷惑を受けているのは一般のWindowsユーザーです。
確かに、AMDのHPデスクトップという一部で起きているに過ぎませんが、一般ユーザーにしてみれば、ハードを第三者機関に作らせている以上、どんなハードでも動くようにOSを作るべきでは?と思ってしまいます。
posted by akika at 17:39| Comment(0) | TrackBack(3) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

マイクロソフト、Windows XPのSP3提供延期

4月29日にリリースと言われていたWindows XP SP3ですが、未対応な問題が新たに発見されたそうですね。
しかし、提供延期を発表したのが、リリース日の4月29日っていうのはどうでしょう?
ユーザーは皆、SP3をダウンロードする気だったでしょう。
私も、Windowsにはダウンロードする予定でいたので、「えっ?」という感じです。
なんでも、Windows Vistaとの互換性だと言いますが、それは初めからわかっていたでしょうに。
この記事を読んで思うのは、マイクロソフトはあまりに分業になりすぎていないか、ということ。
自社製品同士が互換しないってなんでしょう。
最近、マイクロソフトはあまりいい話しがないですね。
このままでいいんだろうか?という気がします。
社の体質を変えないと、シェアはどんどん奪われて行くと思うのですが。
posted by akika at 23:36| Comment(0) | TrackBack(2) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

Windowsに苛立ち

先日、くじゃくさんの「リンゴが好きでぃす♪」さんの"Firefox3(β5)は快適♪"の記事を読み、Firefox3βを使ってみようかな?という気になって、くじゃくさんはMacで使ってみているので、Windowsで使ってみようかな、と思い、Firefoxをいれていないノートパソコンの方にインストールして試してみようと思いました。
が、使うとなると、ダウンロードが必要ですよね。
なんですが、IEが使えません。
クリックして、一瞬立ち上がったと思っても、すぐにエラーでダメ。
IE8にしてからこれが多いとは思っていたのですが、30分以上格闘しましたがダメでした。
なので、まずシステムの復元でIE7の頃に戻してみました。
ですが、エラーは解消されず。
仕方なく、このマシンに元々積まれていたIE6に戻そうと思ったのが、システムの復元リストから消えていました。
その後色々な手を使って、修復を試みましたが叶わず。
残るはOSの再インストールのみです。
この間にかかった時間は実に2時間。
原因もわかりません。
Windowsはシステムに不具合があっても、それを突き止めるのが大変。
色んなところをあたって、それでもわからない場合があまりに多い。
そして、時間がかかることと言ったらない。
Macならこんなことないのに…。
もちろん、今私が使っているのは、LeopardなのでMacでは最新のOSです。
だけど、Tiger時代と比べてもMacの方が楽。
Windowsは今Vistaを出しているけれど、Macほどの機能はない。
Windowsをメインにしていたころから、パソコンを使うのにストレスを感じたことは一度や二度じゃありません。
トラブルがあって当たり前。
そのトラブルの多さは、Macの比ではないように思います。
Macにスイッチして一年ちょっとですが、ストレスを感じたことはないです。
パソコンは楽しむためにあるもので、ストレスを感じるためにあるわけではない。
まして、Windows標準搭載のIEがダメになったらどうすればいいんでしょう?
ブラウザがダメならネットは出来ません。
一番大事なものとも言えるんじゃないかな?
マイクロソフトは、今Windows7の開発が進められているけれど、トラブル時に簡単に対処できるようなものは搭載されるんでしょうか?
Windows95から数えて7つ目のOS。
もうそろそろ、派手なだけじゃない、本当に使いやすいOSを出してほしいと思う。

ちなみに、ブラウザの使えなくなったノートは、再インストールするとかなりの時間がかかることから、Linuxに戻そうかと考えています。
タグ:Windows XP
posted by akika at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

Windows Vista SP1パッケージ値下げ

CNET Japanによると、マイクロソフトはWindows Vista SP1適用済みパッケージの価格を4月25日より値下げすることを発表したそうです。

値下げになるパッケージは下記。
・Windows Vista Ultimate 通常版 SP1適用済み:4万8800円→3万8800円
・Windows Vista Home Premium アップグレード版SP1適用済み:1万9800円→1万7800円
・Windows Vista Home Premium アカデミック アップグレード版SP1適用済み:1万7800円→1万5800円

また、SP1出荷記念としてVistaへのアップグレード促進のために『アップグレード版特別優待パッケージ』を25日より1万本限定で販売するそうです。
この、『アップグレード版特別優待パッケージ』は、Home Premiumで1万5980円、Home Basicで9980円だそうです。

Windowsは、Vista売りに必死ですね。
だけど、値下げしてもWindowsは高いなぁ。

CNET Japan
posted by akika at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

Windows7はやっぱり2010年?

来年にも出るのではないか、と噂されていた次期Windows OSのWindows7ですが、マイクロソフトは、2010年にリリースすると言ったそうです。

しかし、2010年としてもVistaの寿命は短いですね。
確かにマイクロソフトの過去を振り返ってみて、XPが長過ぎる(というかVista開発が遅れたため)のですが。
だけど、市場を見てもVistaの浸透率は低いもので、今までWindows MEが一番の失敗作と言われていましたが、Vistaはそれを上回るんではないだろうかという状態ですね。

Vistaが遅れ遅れのリリースで、結局は伸び悩みであることを考えると、次期OSは失敗できないですね。

Windows7は2010年
posted by akika at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

Vista SP1でUltimateが一押しに?

Windows Vista servicepack1が完成し、Microsoftは差分のみをDSP版などを販売しているが、アキバの各店舗ではSP1適用済みのVistaを採用した、Windows Vista Ultimate SP1Σの予約を開始し、3月15日から発売すると言う。

このWindows Vista Ultimate SP1Σは、Vista Ultimate+Windows Liveお勧めパック+money plusエディション体験版スペシャルCDなどの付録をつけたもので、従来の黒いパッケージから白を基調にしていて、値段はだいたい25000円前後。

なお、SP1をまとめたCD-ROMはまだ無料配布されておらず、SP1Σ発売後の3月中旬以降ではないかというそうです。

l_og_akibam_001.jpg
タグ:Windows Vista
posted by akika at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

Vista値下げ効果は未知数

2月28日、MicrosoftはWindows Vistaの価格を引き下げると発表したが、その効果は未知数であるという。

米国の調査会社Directions on Microsoftのアナリスト、マイケル・チェリー氏は、「Vistaの購入障壁を取り除くための措置なのだろうが、製品の購入に必要な情報をわかりやすくする対策が何も盛り込まれていない。製品のバージョンや稼働に必要なハードウェア条件がわかりにくいため、製品の価格まで検討する余裕がないというのがユーザーの実情だ」と指摘しているというが、その通りだろう。
また、値下げとはいうものの、どの位の値下げになるのかも発表していない。

仮にVista OSが値下げしたとしても、購入者は手持ちのパソコンでアップグレードをするわけだ。
しかし、Vistaの求めるスペックはかなり大きい。
Vista発売少し前のパソコンがやっとだろう。
間違っても、XP時代のパソコンではVistaは無理だ。
仮に動くとしてもHome Basicだ。
それではVistaにする意味はない。

Vista値下げは本当に効果を生むんだろうか?
タグ:Windows Vista
posted by akika at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

Windows Vistaが値下げ

CNET Japnaによると、Microsoftは米国時間2月28日、「Windows Vista」の複数エディションについて小売価格を下げると発表した。

値下げになるエディションは、UltimateとHome Premiumで、それぞれの値下げは、
Ultimate:299ドル→219ドル
Home Premium:159ドル→129ドル

また、米国以外での値下げだが、先進国市場はもちろん、発展途上国の市場に対しては正規品のソフトウェアを使用してもらいたいという意図から、Home BasicとHome Premiumでフルバージョンとアップグレード版の区別をなくして、フルバージョンとして統合するという。

OSの値下げというのは、びっくりなことだけど、きっとまだまだ人気の衰えないWindows XPに対抗してということなのだろう。
まだ、いつ値下げを行うかは触れられていないが、この値下げでVistaの売れ行きは伸びるのだろうか?
posted by akika at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

Windows XPはなくならない?

@ITによると、MicrosoftがWindows Vistaを発売して一年がたちますが、いまだWindows XP搭載機が店頭に並び、Vista需要は伸び悩みですが、雑誌では「Vistaを早くする」などと言った特集が目立ちます。
一般的にVistaは重いと言われているので(確かに重いと思うけど、PCのスペックが見合っていないのもあると思う)、そういう特集が出るのもわかります。

そして、ご存知のように以前MicrsoftはWindows XPのOEM向けを含め、ライセンス販売を2008年6月末まで伸ばす、と決定したのですが、販売終了まで半年となり、米大手メディアInfoWorldは現地時間の1月14日、Windows XPを延命させるための活動「Save Windows XP」を開始したといいます。

Vistaの売れ行きがかんばしくないいっぽうで、ここまで延期を求められるXP。
Microsoftは、時期OSのに向けて頑張っていますが、このままだとVistaは消えてしまいそうな感じですね。
まるで、かつてのWindows MEのように…。
Windows XPが現存するまま次期OSが登場にならなければいいのですが、Vistaはこのままでいいのだろうか?

posted by akika at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

Windows Vista、XPを下回る

先日、Windows Vistaの企業導入が低いということを書いたばかりですが、CNET Japanによると、SP1を当てたWindows Vistaとリリース予定のSP3を当てたWindows XPのベンチマークを比べたところ、圧倒的にXPの方が早かったそうです。

ベータ版SP3を適用したWindows XPはテストを35秒で完了。
それに対し、Windows VistaはSP1適用前と適用後でいずれも80秒以上を要し、Windows Vistaは動作速度でWindows XPを大きく下回る結果だったという。
35秒と80秒以上って、体感速度で行くともっと差を感じることになるでしょう。
しかも、VistaはSP1を適用前、適用後で性能向上率は2%にも満たないという。
Vista発売当初、「Vistaは早い」と言っていたのは嘘だったのか?
また、今回のテストは、2GHz Core 2 Duo CPUと1GバイトのRAMを搭載した「Dell XPS M1710」を使用し、「Microsoft Office 2007」で複合文書の作成、ワークブックおよびプレゼンテーション用資料のサポートを含む生産性タスクを実行したという。
CPUにCore 2 Duo 2GHzを使用してもVistaはこんなにも重いのか。
OSがどれだけ重いかがうかがいしれる。
これでは、Vistaは余計売れなくなるだけではないのか?
そして、他OSへの乗り換えを考える企業や個人は増えるのではないか?
かつて、MEがかなりの失敗作だったが、Vistaはそれを超えているだろう。

続きを読む
posted by akika at 16:49| Comment(1) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

Vista発売約1年で陰り

Windows Vistaが発売になって、もうすぐ1年になる。
しかし、この1年の間にVistaの売れ行きはかんばしくない。
現時点で、Vistaに移行を考えている企業は13%にすぎないと言う。
Microsoftにとって企業は一番の顧客なのに…。
そして、驚くべきことに44%は、Mac OS X」「Ubuntu」「Red Hat Linux」「SUSE Linux」などの代替のオペレーティングシステム(OS)を「検討」しているという。
海外で、WindowsからLinuxに移行している国は多いが、日本もそうなるのだろうか?
ただし、Linuxには問題点がひとつあるという。
それは、WordやExcelといったもの。
確かに、Open Office orgはあるものの、マクロの点でMicrosoft製とは互換性が高いとは言えない。
企業にとって、Officeソフトは切れないものだからだ。
私に言わせれば、それならMacにすればいいじゃないか、と思う。
MacにはMicrosoftのWordもExcelもある。
しかも、セキュリティもWindowsよりしっかりしていて、OS単価も安い。
まぁ、ハードが違うので、マシンごと買うにしたって、Windows Vistaがきちんと動くマシンなんて高い。
そうしたら、検討しているんだったら、Macにしたらいいのにと思う。
ウィルスとかも企業にとっては重要な問題だしね。

Windows95発売以来、パソコン市場を独占してきたとも言えるMicrosoftだが、ここに来て陰りが見え始めた。
売れないのは、企業だけじゃない。
個人ユーザーも買い控えしているのだ。
いい加減にMicrosoftも目をさます時期かもしれない。

posted by akika at 22:54| Comment(4) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

Windowsの月例パッチに緊急が1件

Microsoft社が、今月の月例パッチを公開した。

今回の月例パッチは、3件でこれに含まれる2件のアップデートのうち、1件は「緊急」レベルに分類されており、Windows XPおよびWindows Server 2003のWindows URI処理の脆弱性を修正する。もう1件は「重要」レベルに分類されており、Windows Server 2000およびWindows Server 2003で、なりすましを許す脆弱性を修正する。

私は早速2台のWindows XPでやりました。
まだの方はお早めに。
posted by akika at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
無料登録で全員に2,000円キャッシュバックキャンペーン中!
無料登録で全員に2,000円キャッシュバックキャンペーン中!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。