2008年05月13日

あまりにもお粗末なWindows XP SP3

再起動エラーが相次いでいる、Windows XP SP3ですが、IT PROCNET Japanによると、元Microsoftの従業員、ジェスパー・ジョハンソン氏のブログにて、AMDプロセッサのHewlett-Packard搭載マシンにて不具合が起きていて、Intelプロセッサでは問題が起きていないと書いているという。

これについて、同氏は、「AMDもIntelも同じシステムであるintelppm.sysドライバがインストールされ動作していて、AMDベースのコンピュータでは、amdk8.sysが同じ機能を提供するので、MicrosoftはKnowledge Baseの記事の中で、同一コンピュータに両方のドライバをインストールするのはサポート対象外の構成であり、そのイメージを採用したOEMに責任があると指摘している」と書いているようです。

数日中には新たなパッチがリリースされるようですが、Microsoftは、OSのみを提供し、ハードに関しては自社で作っていません。
必要最小限のハードであれば動かなければいけないわけです。
その中で、CPUの違いによってこのような不具合が起きるのはどうかと思うのですが。
OSのみを提供するのであれば、どんなハード回りでも動くように作らないといけないと思うんですよ。
もし、ハード面を指定するなら、Appleのようにハードも自社で作るのが当然ではないでしょうか?

Windows搭載マシンに、AMDプロセッサは多く使われています。
今までなんの問題もなく動いていたのが、SPをインストールしたらエラーが起きるなんて考えないでしょう。
MicrosoftはAMDにサポート対象外のイメージを採用したOEMに問題がある、と言っていますが、確かにMicrosoft側のイメージを採用しなかったAMDに手落ちはあると思いますが、イメージを指定するというのはどうなんでしょうか?

今回のことで一番迷惑を受けているのは一般のWindowsユーザーです。
確かに、AMDのHPデスクトップという一部で起きているに過ぎませんが、一般ユーザーにしてみれば、ハードを第三者機関に作らせている以上、どんなハードでも動くようにOSを作るべきでは?と思ってしまいます。


posted by akika at 17:39| Comment(0) | TrackBack(3) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

WindowsXP SP3 再起動(リブート)問題…
Excerpt: Microsoft(マイクロソフト)が公開したWindowsXP Service Pack 3(SP3)を適応したマシンで再起動(リブート)する問題が報告されております。同社は、非Intel機の一部で..
Weblog: DACCHOのらくがきブログ
Tracked: 2008-05-14 12:08

Windows XP SP3インストールで再起動を繰り返す不具合が発生
Excerpt: マイクロソフトは2008年5月12日、Windows XP Service Pack 3(SP3)をインストールした一部のマシンで、再起動を繰り返す不具合が報告されていることを明らかにしました。 ..
Weblog: ITニュースTODAY
Tracked: 2008-05-14 15:13

一部の環境でWindowsXP SP3を入れると再起動が繰り返されるトラブルあり
Excerpt: 出たてのバージョンですから、不具合が発生するのは仕方ないでしょう。「非INTEL」ということですから特にAMD製CPUを搭載しているマシンは要注意ですね。 対策として、クラッシュ時に通常再起動する設定..
Weblog: コンピュータの話題をBlogで
Tracked: 2008-05-14 21:52
無料登録で全員に2,000円キャッシュバックキャンペーン中!
無料登録で全員に2,000円キャッシュバックキャンペーン中!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。