2008年05月29日

Windows7はVistaベース

Windowsの次期OS、Windows7ですが、「Windows 7向けに新しいカーネルを開発している」という噂を否定し、Windows7ではカーネルはそのままで、Windows Vistaをベースに作っているということで、発売に関しても、Vistaの3年後と言いました。

Windows7をVistaベースにしたのは、Vista対応アプリの互換性の為としていますが、Vistaベースのため、ハード面でのスペックは大きいままになります。

個人的に見て、Windows Vistaは失敗したと言えるものですが、次期OSもそれを引きずって行くとなると、Windowsはもっと厳しくなるのではないでしょうか。
確かに、アプリ互換性というのはいいと思いますが、Vista失敗と同じ鉄を踏むことは避けた方がいいのではないかと。
こうなって来ると、次期OSで巻き返し、というのは難しそうですね。

ITmedia
posted by akika at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mac OSX10.5.3アップデート

Appleが、Mac OSX10.5.3をリリースしました。
このアップデートには、68件の改善がなされているそうです。

主な改善点は、Automator、Time Machine、VoiceOver、Spotlight、Time Capsule、Time Machine、Mail…と多岐に渡っていますが、iCalのセキュリティ脆弱性を修正するパッチは今回も含まれていないそうです。

なお、Leopardだけでなく、Tigerもアップデートされているそうです。

Appleinsider
ラベル:Apple, Mac, Leopard
posted by akika at 21:18| Comment(0) | TrackBack(1) | Mac OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

IE8β1 でサイトが正しく表示されない件

「気になる、気になる」さんでIE8β2が、今年第3四半期に幅広いベータリリースとしてBeta 2がリリース予定とありました。

IE8β1では、Webサイトが正しく表示されないなどのバグがあるのですが、それに対して、Microsoftはオンラインサポートを公開しています。

MicrosoftによるIE8β1オンラインサポートページ

サイト表示が崩れるのを認めているのはいいんですが、気になった点があります。
それは、「サイトのタグにメタタグを書き加えること」
わざわざIE8β1の為にメタタグを書き加えろというんですか…。
確かに、ブラウザシェアは、以前に比べてシェアが落ちて来ているものの、IEが一番なのは確かです。
しかし、それはIE8が全てではありません。
というか、IE8β1を使っている人の方が少ないわけです。
なのに、メタタグを書き加えろと言うのですか。
確かに、サイト作成者にとってはサイトレイアウトが崩れるのは嫌です。
しかし、その場合、全てのブラウザで可能なようにするか、大半のブラウザで可能にするかです。
というか、全てのブラウザで可能、というのは、今現在ではほぼ不可能に近いです。
IEを標準にすると、他のブラウザで崩れる。
これはIEがWeb標準でない為です。
その、Web標準を満たしていない、しかもシェアの少ないIE8β1の為にメタタグを書き加えろ、というのは、随分と殿様な気がするのは私だけでしょうか。

MicrosoftはWindows95で成功しましたが、それがMicrosoftの独占への道が始まったと思います。

ちなみに私は、自サイトにメタタグは書き加えません。
posted by akika at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows XP SP3のレジストリ破損問題

Windows XP SP3をインストールしたパソコンの一部で、デバイス・マネージャに何も表示されなくなったり、ネットワーク接続が削除されたり、レジストリに膨大な不正エントリが作成されるといったレジストリ破損が報告された件で、当初MicrosoftはSymantecに問題があるとしていましたが、指摘されたSymantecが調べた結果、fixccs.exeというファイルがどのような機能を果たすかは不明としながらも、
「このファイルは、XP SP2のインストール時もデバイス・マネージャに同様の問題を引き起こした。今回も問題を発生させているようだ」
と語ったそうです。
つまり、SP3になって初めて見つかったものではなく、SP2の時からあったものなんですね。
そして、問題の起きたパソコンに必ずSymantec製品がインストールされていたわけではなく、他社だったりもしているそうです。
SP2の時に、Microsoftはこの件に対し文章をあげているのですが、同じことを繰り返すというのはどういうことでしょうか。

なんとも、Microsoftのいい加減さが現れているような気がするのですが…。

COMPUTER WORLD
posted by akika at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

iCalに虚弱性

AppleのMac OSX10.5.1上のiCalバージョン3.0.1に虚弱性が発見されたそうです。

この虚弱性は、iCalのカレンダーファイル(.ics)にある特定のフィールドをiCalが適切にサニタイズしないことが原因で発生し、同脆弱性が悪用された結果、iCalのクラッシュ、および、任意のコードの実行が発生する可能性がある、ということです。

この虚弱性についてのセキュリティパッチはまだリリースされていないので、.icsを追加したり開いたりすることを求めるリンクや電子メールについて注意した方がいい、ということです。

CNET Japan
ラベル:Apple, iCal
posted by akika at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iTuneがフィッシング詐欺のターゲットに

ネットでのフィッシング詐欺と言えば、銀行やPaypalなどだったが、AppleのiTunesが今、その対象になっているという。
Appleがフィッシング詐欺の対象になったのは、初めてだそうです。

偽iTunesページでは、クレジットカード情報に加え、社会保障番号と母親の旧姓の入力も求められるということで、電子メールのリンクを直接参照しないように呼びかけている。

CNET Japan

posted by akika at 20:53| Comment(0) | TrackBack(1) | Mac ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Safariに新たな虚弱性

米国Google、中国Lenovo Group、米国Sun Microsystemsが設立した非営利団体のStopBadware.orgが、Safariで見つかった新たな虚弱性に対しAppleがセキュリティ問題として取り扱わなかったことを再考するように求めた。

このSafariの虚弱性とは、ファイルをダウンロードする際にユーザーの許可を求めるオプションが用意されていない点につけ込み実行され、攻撃が行われた場合、悪意のあるWebサイトの不正なコードがユーザーのデスクトップ・マシンに自動的にダウンロードされてしまうというもの。
これに対し、ファイルのダウンロード実行前にユーザーに許可を求める設定をSafariに追加するように勧告したが、Apple側からは「機能強化リクエストの形でSafariチームに回す予定」という回答があっただけだという。

CIMPUTERWORLD
posted by akika at 20:47| Comment(0) | TrackBack(1) | Mac ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

Firefox3 RC1リリース

先日お伝えした、Firefox3RC1がリリースになりましたね。

Firefox3の新機能については、下記ページをご覧ください。
Firefox3新機能

なお、現段階はRC1という正式版に限りなく近いですが、一部アドオンなどは対応しきれていませんので、念のため。
また、Firefox2と併用して使うこともできます。
併用して使う場合に関しては下記をご覧ください。ダウンロードも下記からできます。
Firefox2との併用
posted by akika at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

次期版Thunderbird「Shredder」のα1がリリース

Mozilaがリリースしている、メールソフトThunderbirdの次期バージョン(コードネーム・Shredder)のα版がリリースされたそうです。

Shredderは、現行のThunderbirdと機能的には大きく変わらないそうですが、Gecko 1.9プラットフォームとなり、多くの部分でFirefox3.0と共通になっているそうです。

新しい機能としては、新しいアドオンマネージャとクラッシュ報告機能の追加の他、アドレス帳にMac OS Xのアドレス帳のデータを読み込めるようになる(現時点では無効)そうです。
他には、メッセージ本文の検索の精度、JavaScriptエンジンも改良され、MacではCocoaアプリケーションをネイティブサポートになるそうです。

対応OSは、Windows2000以上、Linux, Mac OSX 10.4以上。

ダウンロードは下記より。
ただし、まだα版なのでご注意を。

ダウンロード
posted by akika at 00:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Microsoft Office 2008 for Mac SP1がリリース

Microsoft Office 2008 for MacのSP1が5月13日にリリースされたそうです。
Microsoftのサイトから無料ダウンロードできる他、今後自動アップデートもされるそうです。

SP1の主な変更点は下記
・安定性とセキュリティ、パフォーマンスの向上
・Excel 2008はWindows Excel 2003およびExcel 2007との互換性
・Entourageのカレンダー機能の向上
・Wordの印刷機能や見出しオプションの改良
・PowerPointではWindows Mobile携帯での閲覧が可能
など

また、次期Mac版Officeでは、廃止になったVBA機能が復活するそうです。

ちなみに、Office 2008 for Macは、Office 2004の3倍の早さで売れているとか。
Macユーザーが増えたということですね。

ダウンロード
ラベル:Officesoft for Mac
posted by akika at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac 有償ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

Mac OSX 10.5.3でTime Machineオプション

Apple Insiderによると、マイナーアップデートのMac OSX10.5.3では、Time MachineにノートMac用のオプションが追加されるらしく、これにより、内蔵バッテリーで稼働している間はTime Machineによるバックアップ処理を先送りできるということです。
これで、Time Machineによるバックアップ処理中にバッテリー切れを起こす危険を回避することが出来ますね。

tmbatterybackup-080512-1.png
posted by akika at 18:03| Comment(0) | TrackBack(2) | Mac OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Firefox3.0 RC1、5月末にリリース

現在、β5のFirefoxですが、Firefox 3.0」のリリース候補1版(RC1)を、5月末までにユーザーへ提供する準備をしていると明らかにしたそうです。
Firefox3.0のRCは、同RC1が最初で最後のRCになるようで、深刻なバグが発見された場合に新たなRC版を出す、としていて、正式版リリースは6月末の予定だそうです。

現在のFirefox3.0β5もいい出来だと思うので、RC1のリリース、そして正式版リリースが楽しみですね。
ラベル:Firefox, Firefox3.0
posted by akika at 17:57| Comment(0) | TrackBack(1) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまりにもお粗末なWindows XP SP3

再起動エラーが相次いでいる、Windows XP SP3ですが、IT PROCNET Japanによると、元Microsoftの従業員、ジェスパー・ジョハンソン氏のブログにて、AMDプロセッサのHewlett-Packard搭載マシンにて不具合が起きていて、Intelプロセッサでは問題が起きていないと書いているという。

これについて、同氏は、「AMDもIntelも同じシステムであるintelppm.sysドライバがインストールされ動作していて、AMDベースのコンピュータでは、amdk8.sysが同じ機能を提供するので、MicrosoftはKnowledge Baseの記事の中で、同一コンピュータに両方のドライバをインストールするのはサポート対象外の構成であり、そのイメージを採用したOEMに責任があると指摘している」と書いているようです。

数日中には新たなパッチがリリースされるようですが、Microsoftは、OSのみを提供し、ハードに関しては自社で作っていません。
必要最小限のハードであれば動かなければいけないわけです。
その中で、CPUの違いによってこのような不具合が起きるのはどうかと思うのですが。
OSのみを提供するのであれば、どんなハード回りでも動くように作らないといけないと思うんですよ。
もし、ハード面を指定するなら、Appleのようにハードも自社で作るのが当然ではないでしょうか?

Windows搭載マシンに、AMDプロセッサは多く使われています。
今までなんの問題もなく動いていたのが、SPをインストールしたらエラーが起きるなんて考えないでしょう。
MicrosoftはAMDにサポート対象外のイメージを採用したOEMに問題がある、と言っていますが、確かにMicrosoft側のイメージを採用しなかったAMDに手落ちはあると思いますが、イメージを指定するというのはどうなんでしょうか?

今回のことで一番迷惑を受けているのは一般のWindowsユーザーです。
確かに、AMDのHPデスクトップという一部で起きているに過ぎませんが、一般ユーザーにしてみれば、ハードを第三者機関に作らせている以上、どんなハードでも動くようにOSを作るべきでは?と思ってしまいます。
posted by akika at 17:39| Comment(0) | TrackBack(3) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

Windows XP PS3のトラブル

さて、先日一般向けにダウンロード提供が始まったWindows XP PS3ですが、私は未だダウンロードせず。
そして、XPユーザーの友人にももう少し待つよう言っています。
それは、提供開始の時点での完成率があまりにひどいためです。

しかし、我ながらダウンロードしないで良かったと思います。
ネットをしているとあちこちで、SP3適用の際にトラブルが起きているという報告がなされ、Microsoftもこれに対して対処方法を掲載していますが、ちょっとそのトラブルがひどい。

一番多いトラブルは、インストール時に「ブルースクリーンが表示され、再起動を繰り返す」そうです。
次にうまく行ったと思ってもSP2のままで、適用されないというケース。
SP3の自動更新は夏以降になると言われているので、それまではアップデートしない方がいいと思います。
それでも、「もうやっちゃったよ〜」という方や、「どうしてもアップデートしたいんだってば!」という方は下記をご参照ください。

ただ、老婆心ながら一言。
パソコンに慣れていない方はやめた方がいいです。
慣れている方も、面倒くさいことが嫌いな方もやめた方がいいです。続きを読む
posted by akika at 18:33| Comment(2) | TrackBack(0) | Windows ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

Windows XP SP3配布開始

配布が延期されていた、Windows XP SP3ですが、米国時間5月6日、Windows XP SP3のダウンロード提供を開始したそうです。
また、それに伴い自動アップデート停止になっていたWindows Vista SP1の自動アップデートも再開したそうです。

ただし、Windows XPの場合、SP3をダウンロードすると、IE7とIE8のユーザーは、IEをアンインストールできなくなると言う不具合が発生しているようで、SP2にIE8β1をインストールしているユーザーはSP3がWindows Updateで配布されないそうです。

IE7のアンインストール問題についてMicrosoftのIEチームは、これは設計上のもので、「XP SP2上にIE 7をインストールすると、既存のIE 6のファイルがアンインストールディレクトリにバックアップされる。SP3には新しいIE 6のファイルが含まれているが、SP3をインストールしてからIE 7を削除すると、システムはバックアップされた古いIE 6ファイルに戻ってしまう。つまりIE 6以外がSP3でアップグレードされた状態になり、セキュリティ上望ましくないため、IE 7をアンインストールできないようにした」ということです。
セキュリティ上、とされているけれど、ブラウザも自由に選べないというのはどうかと…。
まして、IE8はまだまだとても"使える"とは言える段階ではないし。
せっかく配布開始にしても、こんな状態で開始するとは…。
無責任な感じがするのは私だけでしょうか?
速度が早くなるとは言われていますが、私は怖くてインストールしたくないです。

ちなみにIE7,IE8ユーザーでSP3にする方は以下を参照して下さい。

続きを読む
posted by akika at 17:49| Comment(0) | TrackBack(4) | Windows ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

iMacアップデート

新しいiMacが出るのか?と言われていましたが、本当に出たのですね。
と言っても外見は従来品と変わらず、ハード面でアップデートされましたね。

変わったところというと、CPUクロックアップ、グラフィックの強化、そして為替レートの見直しなどに伴う価格改定です。
CPUといいグラフィックといい、本当にいいです。
それでいて、値段は20インチで¥139,800〜です。
この値段で、このハード回りというのはWindows機にはないですよね。
私も思わず欲しくなっちゃいました。

Apple Store(Japan)


ラベル:iMac、Apple
posted by akika at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

Go Live終了

Macで使える数少ない、WebオーサリングソフトのGo Liveが4月28日をもって、販売終了になりました。

Go Live9がダウンロード販売のみになった時に、そろそろ消えてしまうのかな?とは思っていましたが、Go Live9が出てそんなにたたないうちに販売終了になるとは思っていませんでした。
確かに、Go Live9のダウンロードページには、上位のDeamweaverへの移行を促すものはあったけれど、まさかこんなにあっさりと販売終了になるとは思ってもいませんでした。
WindowsのようにたくさんのWebオーサリングソフトがMacにはなく、Dreamweaverはいいけれど値段が高すぎて、起動が重いなどの難はありましたが、一般の人が買えて、しかもそれなりの機能があるオーサリングソフトといえばGo Liveしかなかったんですよね。
なので、Go Liveがなくなるのは本当に寂しいです。

Adobe Go Live9
posted by akika at 23:51| Comment(0) | TrackBack(1) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイクロソフト、Windows XPのSP3提供延期

4月29日にリリースと言われていたWindows XP SP3ですが、未対応な問題が新たに発見されたそうですね。
しかし、提供延期を発表したのが、リリース日の4月29日っていうのはどうでしょう?
ユーザーは皆、SP3をダウンロードする気だったでしょう。
私も、Windowsにはダウンロードする予定でいたので、「えっ?」という感じです。
なんでも、Windows Vistaとの互換性だと言いますが、それは初めからわかっていたでしょうに。
この記事を読んで思うのは、マイクロソフトはあまりに分業になりすぎていないか、ということ。
自社製品同士が互換しないってなんでしょう。
最近、マイクロソフトはあまりいい話しがないですね。
このままでいいんだろうか?という気がします。
社の体質を変えないと、シェアはどんどん奪われて行くと思うのですが。
posted by akika at 23:36| Comment(0) | TrackBack(2) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
無料登録で全員に2,000円キャッシュバックキャンペーン中!
無料登録で全員に2,000円キャッシュバックキャンペーン中!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。